[ MaKO's page -TOP-]  [ MANUAL]  [ SEARCH]  □ 過去ログ

MaKOのページご来訪記念の書き込みはもちろん、
みなさんと楽しく交流する場です。気軽に書き込みしてください(^_^)/。
以前のBBS(〜2007/07/23)のバックナンバーはこちらです。
Name
E-Mail
Title
URL
Message (適当に改行を入れて下さい)
Pass (半角8文字以内)  
Color
Icon ( アイコンリスト





 [1533]題名:月がきれい、完走したので感想(長文失礼) 投稿者:MaKO  

    月がきれい
    ※ネタバレ有りです。気になさるカタは閲覧はご遠慮ください。

    最終第12話まで観ました。いやー、感動のラストでしたねー。
    では第11話から続けて感想、行ってみましょう。

    第11話。
    茜が勉強の合間にやってたアレ。「おおーっ?!」と思いました。
    しかしクリスマスにデートかぁ。定番とは言えウラヤマシい。
    そしてキスのおねだりしちゃう茜がメチャ可愛い!

    あとお父さんがおいしいトコ持ってっちゃった感じですね。
    お母さんも小太郎くんの気持ちを分かってくれたみたいで良かった。

    第12話。
    小太郎くんの受験。まぁ、そう上手くは行かないよな。
    そして最終話で千夏ちゃんが告白するかー!!
    てっきり第7話で諦めが付いたかと思っていたのに。
    しかも私じゃダメかな?なんて往生際が悪い。
    まぁ拓海同様、告白しておきたかったんだろうけど、
    やっぱり小太郎くんが困るだけだし、告白するにしても
    もうちょっとソフトな言い方をしても良かったんじゃないかと。

    デート。プレゼントしたマフラーがアップになって、安堵する茜。
    この辺の演出がニクいですね。
    でも「今後」の話になってだんだん悲しそうな表情になる茜。
    そして千夏ちゃんに告白されたことを小太郎くんから
    言ってくれなかったことで拗ねる茜。まぁ、嫉妬しますわな
    茜としては週1で会えたとしても、千夏とは毎日学校で会うでしょ?
    という気持ちなのかと思いましたが、どうも少し違ったようで。
    小太郎くんもLINEとか言ってたけどそうじゃないだろ!と。
    嫉妬はしたけど、小太郎くんに迷惑をかけることが辛い、なんて
    やっぱ茜は優しい子なんだな。
    そしてまたキス。でも前回のキスとは全然意味合いが違いますね。
    茜も大泣きするし、全話を通して一番心配なシーンでした。

    引越し当日。茜、べにっぽを置いて行っちゃうのか?
    このとき茜は何を考えていたんだろうか。
    まさか小太郎くんとの別れまで考えていたんじゃないだろうな。


    しかし小説投稿サイトとは考えたな。発案はろまんか。
    小太郎くんの小説はどうなるかと思ってたけど、この発想は無かった。
    これが最後に2人を結び付けることになる訳で、その辺りは
    (話が)よくできてるなー、と思いました。

    最後と言えば、2人交互のモノローグが2人の絆を強く
    感じさせましたねー。

    そしてネットでも話題になっていた、各回のエンディングに
    出てきたLINEでのやりとり。
    これの言わば種明かしを最終回のエンディングに持ってくるとは!
    くーっっっ!ヤラレたー!!

    はあぁ、しかし終わっちゃいましたねー。
    寂しくなるなぁ。
    あ、一つ朗報と言えば、7月13日2時より、テレ玉でのオンエアが
    始まります。
    当初は川越が舞台なのに何でテレ玉でオンエアしないんだよー、と
    思っていましたが、他局でのオンエア終了後に持ってくるとは。
    好評だったからテレ玉側が動いたのかな?分からないけど。
    一応ブルーレイは予約したけど、テレ玉でも観ちゃうかも(^_^)。

    作品全体としては、川越のあちこちの風景が忠実に再現されていて
    地元民として存分に楽しめたということもありますが、
    小太郎くんと茜の思春期らしい素直な気持ちとか迷いとかが
    役者の芝居的に上手く表現されていて素晴らしいと思いました。
    最初、川越が舞台という理由だけで観ようと思ったのが恥ずかしい
    と感じるくらいのいい作品でした。
2017/07/02(Sun) 02:11:17





 [1534]題名:同じく完走で感想(^^) 投稿者:tara  

    ブログの方の感想も完走したかったですが、数話おきにつまみ食いみたいな形になってしまったのは心残り…
    観始めた当初はゆるくて甘酸っぱい青春ものという印象でしたが、ストーリーの起伏や場面ごとのリアルな芝居が魅力的で、引き込まれましたね〜

    集大成の最終回、冒頭いきなりの不合格通知でどうなることかと思いましたが、これ以上ないくらい綺麗な着地に大満足ですb
    小太郎君の小説の件も残り1話で収拾つくのかって感じでしたし、1話の半分が過ぎても全く解決の兆しが見えなくて、固唾を呑んで見入った末のあのラスト!

    LINEという現代ツールが駆使される一方で、文学小説の引用etc.で古式ゆかしい空気も前面に出ていた本作品のカラーが、最後の最後でカッチリとハマりましたね。絶妙でした♪

    ED映像のLINEのやりとりの種明かし、同じく膝を打ちました(^^)
    作中の二人の関係をどこか彷彿とさせるやりとりで、モチーフというか演出上の意図は感じましたが、まさか本人達の(未来の)会話だったとは…
    後から観返してほっこりできる、二度美味しい粋な趣向ですね〜

    千夏の告白の件、ここだけはMaKOさんと違う意見です(^^;)
    これから高校3年間同じ高校に通う関係になったからこそ、あそこで自分の気持ちをハッキリ伝えておくことは必要だったと思いますし、そこから逃げずにけじめをしっかり付けた千夏の行動は非常に好ましく映りました(^^)
    小太郎君の返事は聞く前から判ってるのに…と捉えれば勇気ある行動ですし、MaKOさんが言うところの「往生際の悪さ」にしても心のどこかで諦め切れない部分が残ってるがゆえの乙女心…と思えば可愛いじゃないかとw(←甘い^^;)

    拓海君の場合はどちらかといえば独りよがりに近い告白でした(しかも間が悪かった^^;;)
    でも千夏のあの告白は茜に対しても小太郎君に対しても誠実な行動で、この辺りは性格だけでなく立場の違いもあるかもですね。千夏にとって茜は大切な友人、他方で拓海君の中で小太郎君への認識って「何で安曇なんだよ」ですし(^^;)

    小太郎君のネット小説のことを茜に教えたのも千夏、茜が電車に乗ったことを小太郎君に教えたのも千夏。
    千夏の告白と失恋が無ければラストの展開も成立しなかったでしょうし、最後まで助演賞級の立ち回りだったと思います(^^)
    小太郎君のお相手としては応援できませんでしたけどw

2017/07/08(Sat) 12:14:44





 [1535]題名:川越の“縁”(^^) 投稿者:tara  

    これだけ素晴らしい作品を「川越」という舞台のお蔭でオンエア当初からMaKOさんと一緒に楽しむことができたのも、素敵な縁ですよね。

    MaKOさんに案内して頂いた“予習”のお蔭で、自分もより一層作品を楽しむことができました(^^)
    あ、そうそう。川越新富町郵便局は確かに川越訪問の時にご一緒しましたね!(taraだったかMaKOさんだったかどちらかがATMでお金を下ろしたような記憶…)

2017/07/08(Sat) 12:24:01





 [1536]題名:「きれい」な作品でした 投稿者:MaKO  

    to taraさん

    月がきれい
    おお、力の入った感想、ありがとうございます。

    『小太郎君の小説の件も残り1話で収拾つくのかって感じでしたし』
    ラノベに転向?みたいな話になって、そのままうやむやに…ってのも
    変だと思っていたので。最後は効果的に使われましたね、小説。

    『LINEという現代ツールが駆使される一方で、文学小説の引用etc.』
    そうそう!最初は「LINEとか使ってて“今風”だなぁ」と
    思ってましたが、もう名台詞と言っていい『太宰は言った』で
    今風に染まらない感じが良かったです。

    『ED映像のLINEのやりとりの種明かし』
    ですよねー。
    高校受験が2017年度ですから本編は現代の話。
    と言うことはあのLINEのやりとりは完全に未来の話ですね。
    最終回のサブタイトル「それから」にもマッチしてると思います。

    『千夏の告白の件、ここだけはMaKOさんと違う意見です(^^;)』
    なるほどー。みんなをフェアに見てるtaraさんの思慮深さを感じます。
    MaKOなんて小太郎&茜を思いっきりひいき目に見ちゃいますから、
    他のキャラ邪魔だー、なんて\(^_^;)/。

    『これから高校3年間同じ高校に通う関係になったからこそ…』
    言われてみれば、同じ高校に行ってる間に小太郎くんが千夏の
    気持ちを知ってるか知らないかでは大きく違うでしょうしね。
    告白の前、千夏が手をグッと握りしめる所が2回もアップになったのは
    その決心に如何に勇気が必要だったかを物語っているようです。

    『小太郎君のネット小説のことを茜に教えたのも千夏…』
    千夏本人はそこまで意識してなかったかもしれませんが、
    結果的に以前考えていた「2人に協力する方向」になったようです。

    『MaKOさんに案内して頂いた“予習”のお蔭で、』
    当時は神はじと宮河家の聖地、というつもりで行きましたが、
    月がきれいでも割と定番の場所が使われていたのが功を奏しました。
    ただ劇中でよく出てきた濯紫公園(たくしこうえん)等は
    地元に住んでいながら(^_^;)行ったことが無かったので、
    機会があったら聖地巡礼してみたいと思います。
    ※郵便局は確かtaraさんのご用向きだったかと…

2017/07/09(Sun) 11:09:19





 [1537]題名:「月」が主役だったのは3話だけでしたねw 投稿者:tara  

    (“みつどもえショック”で返信が遅くなり失礼しました<(_ _)>)

    思慮深さだなんてそんな(^^;)
    カップルとしては“小太郎×茜”を終始応援してましたが、千夏のことも登場当初から気になってましたので私情は大いに入ってますw

    >千夏が手をグッと握りしめる所が2回もアップに
    結果が判っていても思わず応援したくなるシーンでした(^^)

    >郵便局
    そうでしたそうでした(^^;)
    あれからもう3年近くになるんですよねぇ…(遠い目)

2017/07/15(Sat) 19:51:55





 [1538]題名:月は2人をとりもつキューピッド? 投稿者:MaKO  

    to taraさん

    えっ、みつどもえ終了?!それはさぞやショックだったことかと。

    月がきれい

    『千夏のことも登場当初から気になってましたので…』
    taraさんの投稿を拝見してるとそういう感じでしたね(^_^)。

    郵便局については、まさかあのときはあそこがアニメの1シーンで
    使われるなんてことは全く想像してませんでしたね。
    聖地になる前に巡礼?(^_^;)

2017/07/15(Sat) 21:18:09






 [1531]題名:月がきれい(10話) 投稿者:tara  

    『ライアー×ライアー』完結したんですね。7年半…長いですねぇ。
    遅ればせながらコミックスを読み進め始めたので、いずれ出る10巻まで追々楽しんでいこうと思ってます(^^)

    さて、『月がきれい』です。聖地巡礼第2弾、お疲れ様でした〜
    2枚目の写真の大きい灯篭(?)は視聴時も印象に残りました。本当にニョキッと立ってるんですね…
    一番街の風景も、夜の「時の鐘」はあんな風なのかと感動しましたw(「いも恋」は10話の方が露骨でしたね^^)

    ED後のショートアニメは1本。このくらいがちょうどいいですね(^^;)
2017/06/27(Tue) 02:10:33





 [1532]題名:ライアー×ライアー&月がきれい 投稿者:MaKO  

    to taraさん

    ライアー×ライアー
    おお、読み始められましたか。
    いやいや、ちっとも『遅ればせながら』ではないですよー。
    思っていたより早くtaraさんとライアー×ライアーネタで
    語り合える日が来そうでウレシいです(^_^)/。
    お時間がありましたらで構いませんので、思いっきりネタバレ有りで
    感想をお寄せくださいませ。

    月がきれい
    第10話ご覧になられましたかー。
    あの灯籠(?)のある場所は、第1話で出てきたファミレスの近くで、
    スクランブル交差点から1ブロック東に入った所ですね。
    あの道をさらに東に行くと、小太郎くんが出版社に応募する小説を
    投函した川越新富町郵便局があります。
    あれ?確かtaraさんが川越にいらしたときもこの郵便局に寄って行ったような覚えが…。
    (気のせいかな?^^;)


    『一番街の風景も、夜の「時の鐘」はあんな風なのかと…』
    同じ場所でも昼と夜では雰囲気が変わりますよね。
    taraさんがいらしたときは朝っぱらでしたし(^_^)。

    『(「いも恋」は10話の方が露骨でしたね^^)』
    …でした。やたらプッシュしますよねー(^_^;)。

    『ED後のショートアニメは1本。このくらいが…』
    そうですね。1本で充分だと思います。

    ところでtaraさんのサイトの方でも第10話の感想を
    書かれているようで、これはMaKOへの挑戦状?!←チガウ^^;
    今度「web拍手」でコメントを残さねば!

2017/06/27(Tue) 10:44:23






 [1529]題名:月がきれい(9話まで) 投稿者:tara  

    第10話未視聴なので聖地巡礼第2弾は後日改めて読ませて頂きます(^^;)

    菓子屋横丁しっかり映ってましたね〜
    1回行ったきりなので細かい街並みまでは覚えていませんが、何となく見覚えのある雰囲気でした(^^)
    茜が食べてたアレ、「いも恋」ですかね…?

    お互いに名前呼び成立で小太郎&茜に!
    茜が小太郎の稽古を見学して、小太郎は茜の中学最後の大会をこっそり観戦して、二人の距離感がどんどん縮まっていく手応えがあります。
    それだけに……

    千葉と埼玉がどのくらい遠いのか、関東民でない自分には今一つピンと来なかったりもしますが、少なくとも会いたい時に会える今の関係は壊れてしまいますね。
    一体どうなるのか…
    あと、千夏があのまま退場ではなくワンチャンありそうな空気なのも気になります(ぉ)

    尺調整のショートパートは、ちょっと長い(多い)ですよね(^^;)
    メイン以外のキャラの掘り下げにはなってますが…
2017/06/20(Tue) 23:15:46





 [1530]題名:是非また川越にいらっしゃいませ 投稿者:MaKO  

    to taraさん

    月がきれい
    『茜が食べてたアレ、』
    ハイ、お察しのとおりいも恋です。
    まぁ結構人気ありますからねー。
    一川越市民から言わせてもらいますと、正直あのニチャッとした
    食感はあまり得意ではなかったりしますが(^_^;)。
    やっぱりべにあかくんの方がずっとンまいと思うんだよなー。

    小太郎くんが茜に黙って大会を観に行ったのは正解でしたね。
    もし「行く」と知っていたら、緊張のあまり茜も実力を出せなかった
    恐れもありますし。

    『千葉と埼玉がどのくらい遠いのか、』
    路線検索をしますと、川越から市川だと電車で1時間半くらい
    大人からすればメチャクチャ遠いって程でもないかも知れないけど、
    中学生にしてみればそうそう気軽に行ける距離ではないかも。

    『尺調整のショートパートは、ちょっと長い…』
    ですよねー(^_^;)。
    まぁあれが好きってカタもいらっしゃるでしょうし、
    このまま最終回まで続けるんだろうなぁ。
    あとそう言や「次回予告」も無いんですよね。
    ショートパートの代わりに次回予告入れて欲しいな。
    『公式サイトで見られるだろ』と言われてしまえばそれまでだけど。

2017/06/22(Thu) 21:30:03






 [1526]題名:第7話までのかんそー 投稿者:MaKO  

    月がきれい

    ※大々的にネタバレ有りです。閲覧にご注意ください。

    第7話まで観ました。

    第6話。
    千夏ちゃんについての「2人に協力する方向に」想像は見事に
    ハズれたようです(^_^;)。
    LINEでの千夏ちゃんの好きになっちゃった宣言に対し、
    小太郎くんと付き合ってることをLINEではなく直接話した茜には
    「おっ!意外とやるじゃん」と思わされましたね。
    しかし小太郎くんに告白する宣言には参りましたね。
    茜だってそんなの嫌だからヤメテ!と言いたいところ
    だろうけど、それが言えないのが茜らしさ、ってトコでしょうか。
    友達が大事、という気持ちもあるでしょうし。

    小太郎くんは小太郎くんで、小説の件で何か展開が?と
    思わせておいて出鼻をくじかれた、という感じ。
    でも実際にああいうことってありそうな気もします。
    出版社も商売ですからねぇ。
    小太郎くんが出す結論は何か?
    想像では、純文学は諦めず他の出版社に当たる、とか?

    第7話は言わば「けじめ回」と言ったところでしょうか。
    いやしかし、思いっきり東京ドームシティが使われてましたね。
    このエピソードのために詳細なロケをしたんだろうなぁ。
    これでまた聖地が増えた?!

    閑話休題。
    茜と小太郎くんの気持ちを分かってるのに、グイグイ攻める
    千夏ちゃん。まぁこれも千夏ちゃんらしさ、なんでしょうケド。
    そして拓海。
    こちらは茜と小太郎くんの気持ちは知らないけど、ここぞとばかりに
    茜にアプローチ。
    他の女子達も拓海と茜が両想いになるんじゃないかと勘違いしている
    だけに始末が悪い(^_^;)。

    これで茜と小太郎くんの関係がギクシャクするんじゃないかという
    懸念もありましたが、2人の絆はそんなヤワではなかったようで。
    そして小太郎くんは拓海に直接(茜と)付き合ってる宣言
    ナヨってしてそうだけど、やるときゃやる!って感じですな
    小太郎くん(^_^)。

    結局は2人にとってすごくいい思い出のできたエピソードでした。
    序盤ではすれ違いが目立ち、(今回はあまり楽しめなかったけど)
    また2人で来ようって感じの終わり方になるのかと思いましたが、
    それも杞憂だったようで、めでたしめでたしです。

    オンエアでは「次回予告」が無いこの作品ですが、
    公式サイトの予告ではどうやら菓子屋横丁や氷川神社(の風鈴)が
    出てくるようです。
    さて、これから観ますかな。
2017/06/03(Sat) 22:17:54





 [1527]題名:同じく第7話まで(^^) 投稿者:tara  

    こちらのオンエアは月曜夜なので、第8話はまだ…(^^;)

    前半振り返りの総集編を挟んで、第7話から後半へ。OP映像、変わりましたね(^^)

    千夏は正面からぶつかって玉砕するのかと思ったんですが、不完全燃焼な形に終わってしまって可哀想でしたね;
    変に波風を立てないという意味ではこれで良かったのかも知れませんけど、心にモヤモヤが残りそうだなぁ…と。
    拓海君の方もいい面の皮でした(^^;)

    東京ドームシティ、名前しか知りませんがかなり綿密な再現度なんでしょうか。
    現実でもあんな風に「ビバビバ」言ってるんですか?(^^;)

    次回、菓子屋横丁登場ですか。楽しみです(^^)

    >お誕生日
    お祝いのタイミング完全に逸しました;
    おめでとうございました(^^;)

    あさくまのソフトクリーム食べ放題は嬉しいですよね〜
    最近とんと行ってないので、久々に行きたくなりました…(^^)

2017/06/03(Sat) 23:44:58





 [1528]題名:主に月がきれいの話 投稿者:MaKO  

    to taraさん

    月がきれい
    #1526の書き込みをしたときは、
    もしtaraさんがまだ第7話を未視聴だったらどうしよう、と
    思っていましたが、もうご覧になっていたようですね、良かった。

    『千夏は正面からぶつかって玉砕するのかと…』
    決定的な場面を見てしまいましたからね。
    サスガにあそこで告白、とは行けないでしょう。
    現実って思いどおりにならないもんだなぁ、と。
    (これはフィクションだということは置いといて)
    あと一つ思ったのは、もし今回告白していたら、小太郎くんが
    千夏ちゃんの気持ちをハッキリ知ることになるので、
    また違った未来になったんだろうなぁ、と。
    今までも積極的だなぁくらいには感じていたでしょうけど。

    『東京ドームシティ、名前しか知りませんがかなり綿密な…』
    MaKOが行ったのはだいぶ昔、後楽園ゆうえんちだった頃なので、
    最近は外側からしか見たことがありませんが、舞台探訪された
    カタの比較画像では、かなり再現されているようです。
    人のふんどし(↓)で恐縮ですが(^_^;)。
    http://blog.livedoor.jp/touyokojunrei-yokofuji3/archives/70809562.html
    現実にビバビバ言っているかは不明です\(^_^;)/。

    第8話、菓子屋横丁もちゃんと出てきました。ご期待ください。

    それと誕生日のお祝い、ありがとうございました。
    あさくまはそちらにもあるんですね…と思ったら、
    何と名古屋が本拠地なんですね。
    MaKOも年に1回かそこらしか行かないのですが(^_^;)、
    やっぱりソフトクリームは楽しみです。

2017/06/04(Sun) 09:43:17






 [1525]題名:ようやく観ました 投稿者:MaKO  

    タイトルが#1521の書き込みとそっくりなのは気のせいです(^_^;)。

    装神少女まとい
    こちらもmixi日記へのリンクですが、
    その後最終話まで観ました。
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1960302360&owner_id=690315

    何と言うか、ご都合主義(またの名をデウス・エクス・マキナ?)
    っぽい幕切れなんじゃないか、というきらいもありますが、
    まぁ1クールで終わらせるには仕方ないか。

    あとは(mixi日記でも書きましたが)結局のところ、この作品に
    “敵”はいたのだろうか?というのがポイントかと。
    個々のナイツは3次元に攻め込んで(人に取り憑いて)いましたが、
    黒幕は人を襲うのが本来の目的では無かった訳で。

    それとあの次元の穴はどうして開くのか?という謎は残ったまま。
    さらに10年後、また開いたりするんだろか。

    ちょっとしたことだと、我に返ったポチ。
    あの後どうやってタワーから降りたのかが気になる(^_^;)。
    (ラストで警察署内にいるシーンがあるので降りたのは確か)

    ラストと言えば、せっかく「神様とさよなら〜」としんみりした後に
    あのオチが来るとは\(^_^;)/。
    まぁ“らしい”と言えばらしいのでいいんですケドね。
2017/05/10(Wed) 11:33:05




全ページ数 / [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80]




削除/編集フォーム
記事NO  削除キー   

-   [KRBBS]   [素材サイト]   -