[ MaKO's page -TOP-]  [ MANUAL]  [ SEARCH]  □ 過去ログ

MaKOのページご来訪記念の書き込みはもちろん、
みなさんと楽しく交流する場です。気軽に書き込みしてください(^_^)/。
以前のBBS(〜2007/07/23)のバックナンバーはこちらです。
Name
E-Mail
Title
URL
Message (適当に改行を入れて下さい)
Pass (半角8文字以内)  
Color
Icon ( アイコンリスト





 [1547]題名:おウチでカラオケ 投稿者:MaKO  

    今日はプレステ3でカラオケをやりました。

    主な目的は8/27に行われるねこ森集会(谷山浩子さんのファンの集い)
    で参加者が歌う予定の「月と恋人」の練習。
    あと家庭用JOYSOUNDで歌えるようになった月がきれいのオープニング
    とエンディングを歌いたかったため。

    ざっと曲目は以下のとおり。
    アニソンのうち曲名で作品名が連想しづらいものは後ろにカッコ書き
    しておきました。

    01.moon/iroha(sasaki) feat.初音ミク
    02.神様はじめました/ハナエ
    03.月と恋人/谷山浩子
    04.イマココ/東山奈央(月がきれい)
    05.月がきれい/東山奈央
    06.ヤマハ発動機社歌/谷山浩子
    07.オレンジの河/今井美樹
    08.逆転イッパツマン/やまもとまさゆき
    09.侍ジャイアンツ/松本茂之
    10.王者!侍ジャイアンツ/ロイヤルナイツ
    11.サムライ番場蛮/松本茂之
    12.タッチ/岩崎良美
    13.人形の家/谷山浩子
    14.夢の逆流/谷山浩子
    15.starlog/ChouCho(プリズマ☆イリヤ)
    16.デビュー -Fly Me To Love-/河合奈保子
    17.恋のハレーション/河合奈保子
    18.スマイル・フォー・ミー/河合奈保子
    19.ラブレター/河合奈保子
    20.夏のヒロイン/河合奈保子
    21.愛をください/河合奈保子
    22.愛してます/河合奈保子
    23.Adesso e Fortuna 〜炎と永遠/Sherry(ロードス島戦記)
    24.風のファンタジア/Sherry(ロードス島戦記)
    25.海と月の光/New man co.,Ltd.(そーなんだ)
    26.昼の月/新居昭乃(アウトロースター)
    27.sakura/川澄綾子
    28.Trough The Night/有待雅彦(アウトロースター)
    29.BLOOD QUEEN/美郷あき(怪物王女)
    30.メロスのように -LONELY WAY-/AIR MAIL from NAGASAKI(レイズナー)
    31.青いハートのストレンジャー/渡辺絵麻(マシンロボ)
    32.マシンロボ・炎/マーチン
    33.勝利のマシンロボ/子門真人
    34.戦え!バイカンフー/子門真人(マシンロボ)
    35.CROSS FIGHT!/堀江美都子・水木一郎(ダンガイオー)
    36.強さは愛だ/串田アキラ(シャリバン)
    37.泣かないWeekend/岩男潤子
    38.June brideになれなくて/岩男潤子
    39.シャッターチャンスの連続/岩男潤子
    40.ピヨの恩返し/岩男潤子
    41.スカーレット/岩男潤子
    42.鳥籠姫/岩男潤子


    月と恋人はデュエットなのですが、事前にネットで楽譜を販売して
    いかにも「下パートに挑戦してね」と言わんばかり(^_^;)。
    MaKOもその楽譜を購入して下パートをパソコンに演奏させ
    ヘビーローテーションしてからカラオケに挑みました。
    サビがちょっと不安ですが、とりあえず歌えた、かな?
    でもこれで合ってるのかよく分からなかった、というのが正直な所。
    ↑のリストでは1回しか書いてませんが、都合4回くらい歌いました。

    イマココ月がきれいは以前カラオケ店で歌ったのでまぁ
    歌えないことはないかな?という感じ。

    カラオケ利用権はまだ明日の昼間で残っているので、
    またもうちょっと歌おうかな?

    ※[1546]の書き込みは曲番を間違えたので削除しました(_o_)。
2017/08/22(Tue) 23:24:07






 [1545]題名:第3巻読了記念 投稿者:MaKO  

    ライアー×ライアー
    taraさんが「ライアー×ライアー」を読み始めたってことで、
    ちょっと振り返りなぞ。
    (みな)はねー。成り行き上いたし方ないとは言え、客観的に見れば
    思いっきり“悪女”ですよねー(^_^;)。
    でもそれがまた憎めないんだこれが(^_^)。

    で、taraさんがおっしゃるようにいつも「次が気になる」という
    ストーリーなのですが、3巻と言うとラストがその辺り思いっ切り
    顕著です。
    「もうこれどうなるの?!」みたいな感じで。
    続きもご期待ください。>taraさん
2017/08/17(Thu) 21:33:27






 [1540]題名:「ここさけ」感想(長文失礼) 投稿者:MaKO  

    7/29にテレビでオンエアされた“ここさけ”こと
    劇場版アニメ『心が叫びたがってるんだ。』を観ました。

    以下、ネタバレありです。ご注意ください。

    実はオンエアされることを知ったのが開始後でして(^_^;)、
    気付いてすぐ録画したのですが、それまでの部分は見逃しています。
    絵が描かれた玉子がコロコロ転がってきて、拓実がそれを拾う、
    という場面から観始めました。

    冒頭部分に重要なシーンがあったかも知れませんし、
    テレビオンエア版ゆえカットされたシーンもあると思いますので、
    「それを見ていない」ニンゲンの戯言としてご覧ください。


    まず全体的に、いい作品だとは思うけど手放しで絶賛できないかな?
    というのが率直な感想です。
    尺の問題だと思うのですが、話が上手く行き過ぎの感が否めません。
    テレビシリーズとかでもっと時間をかけて描けばさらに良くなった
    のではないかと。

    例えば、『ミュージカル?やりたくねー』みたいなところから、
    普通はあんなみんな積極的にやる方向には行かないと思います。
    安易な出し物に変更するか、イヤイヤ協力して“とりあえず”
    形に持って行くか、という風になるのではないかと。

    あと田崎が“いい子”になるのが早すぎる、とか。
    野球部のこともあり、もうちょっと紆余曲折があっても
    良かったように思います。

    ツッコミについてはこんなところで。

    他の感想としましては。
    『あの花』スタッフが関わっているということだけあって、
    似た雰囲気はありましたね。
    「じんたんにしか見えないめんま」に対して
    「しゃべるとおナカが痛くなる順」みたいな
    “すこし・ふしぎ”要素がある点とか。
    あの花の場合は完全にオカルトっぽいけど、ここさけの場合は
    精神疾患(?)という見方をすればよりリアルと言えるかも知れません。

    “「中学生日記」的”という点では『月がきれい』にちょっと
    近い感じもありました。
    まぁここさけの舞台は高校ですけど(^_^;)。

    順のキャラクターは可愛かったですね。
    ルックスもそうですが、ぶんぶんと派手に首を振ったりする
    アクションも可愛いし、あと苦しそうにしゃべるところとか、
    水瀬いのりちゃんの芝居が良かったですね。

    ストーリー展開としては、終盤、ミュージカル当日になって
    順が失踪?!の辺りはドキドキ感がありました。
    え?ここまで頑張ったのにどうなるの?!って感じで。
    しかしあそこで恋愛が絡んでくるとは思わなかったな。
    あのメインキャラはみんな仲がいいとは思っていたけど、
    誰が好きだの何だのってのは最後まで無いんじゃないか?
    という気がしていたので。

    で、結局順は横恋慕で終わるのかと思うとちょっと心残り。
    拓実もヒドい奴だなと思わなくもないけど、
    人の心なんてそう単純なものでもないですしね。
    順のことは純粋に「頑張ってるから応援したい」と思っただけ
    なんだろうけど、
    順から見れば「自分のために尽力してくれた素敵な人」と
    映っただろうし。
    普段から拓実と菜月でイチャイチャしてれば良かったのに…
    って、そうも行かないか(^_^;)。
2017/08/02(Wed) 22:21:13





 [1541]題名:ここさけ! 投稿者:tara  

    大好きな作品ですので、MaKOさんにも観て頂けて嬉しいです(^^)

    ただ…チラチラ見てた限りでも、かーなりカットが目立ちました(^^;)
    MaKOさんも感想前に注意書きされておられる点ですので、そこを重ねてあれこれ書くのは野暮かもですが若干の補足(擁護)をお許し下さいw

    まずMaKOさんが見逃されたという冒頭シーン、順が喋れなくなった原因となったトラウマが描かれておりますので、ここを観ていないと解りにくい点もあったのでは…と懸念します(^^;)

    クラスがまとまっていく過程や、田崎君が“けじめ”をつけるまでの経緯も、劇場で観た際は丁寧に描かれていると感じました。
    逐一比較したわけではありませんが、MaKOさんがその辺りの描写の薄さを感じたのだとしたら、恐らくは大幅に省かれた部分があったのではないかと…(^^;)

    恋愛要素についても同様で、自分も最初観た時は「えっ、恋愛ものだったの?」と意外に感じましたが(順と坂上君は何となく成り行きでくっつくのかな〜くらいの感覚^^;)、後日Blu-rayで観直した際にはこの辺りの布石というか恋愛感情の萌芽みたいな描写はちらほら散りばめられてました(^^)
    (この辺りの機微も今回のオンエアでは結構削られてたっぽいですが…)

    『あの花』との共通点と相違点については同感です。
    玉子との会話パートで今回もオカルト要素ありかと最初思いましたけど、最終的には順の精神世界ということで説明つきますよね(^^)

    順の喜怒哀楽は本当に愛らしくて…!
    歌声からうめき声まで、水瀬いのりさんの芝居は素晴らしかったです♪

    順と坂上君の気持ちのすれ違い(温度差?)は切なかったですね…
    ↑でも書いたように二人は最終的に両想いで落ち着くものと決めつけて観ていたので、説得イベントからの唐突な失恋はかなりショッキングでした;;

    まぁ、恋愛要素もあるとはいえ、メインのテーマとしてはやはり順のトラウマの克服が物語の中心にあることに間違いはないと思いますので、そういう観点で言えばハッピーエンドは揺るぎませんよね(^^)

2017/08/15(Tue) 01:57:07





 [1542]題名:BBSで好き勝手叫んでます! 投稿者:MaKO  

    to taraさん

    『〜かーなりカットが目立ちました(^^;)』
    やっぱりそうだったんですね。

    順がしゃべれなくなったトラウマというのはネットで情報を
    得ていたので大まかには知っていましたが、実際に見るのとは
    違っていた可能性がありますしね。

    『MaKOさんがその辺りの描写の薄さを感じたのだとしたら〜』
    そうですね。
    具体的にどんな風にカットされたのかは分かりませんが、
    こう感じたニンゲンがいる以上、編集がよろしくなかった
    という恐れはあります。

    『玉子との会話パートで今回もオカルト要素ありかと〜』
    MaKOはSFとかファンタジーも好きなので、あの玉子が本当に
    不思議な存在として成立していても面白いかな、なんて(^_^)。
    そう言や、あの玉子と拓実の声がどちらも内山昂輝さんってのは
    やはり重要な意味があったの、かな?

    『順の喜怒哀楽は本当に愛らしくて…!』
    んふふふふ(^_^)、かなり気に入ってらっしゃいますね。
    水瀬いのりちゃんはロボガのグレちゃん役しか知らなかったけど、
    それだけじゃないって言うか、若いけど演技の幅が広そうだな、
    と思いました。

    『やはり順のトラウマの克服が物語の中心にある〜』
    確かにそうですね。
    そういう意味ではしっかり「めでたしめでたし」って訳で。
    待てよ?
    そしたら恋愛要素をメインにした次回作とか番外編ってのも
    アリなのか?なんて思っちゃいました(^_^)。

    余談ですが、拓実役の内山昂輝さんは「ライアー×ライアー」のドラマCDで
    高槻透役をやっています。

2017/08/15(Tue) 17:06:52





 [1543]題名:ここ(BBS)で叫! 投稿者:tara  

    玉子の声を内山さんが兼ねていたのは、「玉子」と「王子」を掛けていたという脚本の岡田麿里さんの意図と関係がありそう…
    ちなみに内山さんは玉子役も自分だということを最初聞かされてなかったそうですw

    水瀬いのりさんはブレイク中ですよね〜(直近ではプリキュアの新メンバー役に抜擢されたり^^)
    知った当初は可愛い声でアワアワしてるキャラが似合うイメージで、演技力の凄さを実感したのは『ここさけ』が最初だったりします…(^^;)

    >余談(ライアー×ライアー)

    内山さんは『甘ブリ』の西也みたいなクールで無愛想なキャラのイメージがあるので、透役は納得ですね〜(^^)

    その『ライアー×ライアー』ですが、現在のところ3巻まで…
    湊(みな)の優柔不断で振り回されてる男子達に同情しつつ、話が進めば進むほど続きが気になりますね(^^;)

2017/08/17(Thu) 00:01:05





 [1544]題名:叫びの応酬 投稿者:MaKO  

    to taraさん

    『玉子」と「王子」を掛けていたという〜』
    何となくそうなんじゃないかなぁ、くらいには思ってました。
    卵じゃなく玉子と書いてあるし、ね。

    水瀬いのりちゃん、確かに色々な作品に出演してるみたいですねー。
    でもやっぱ代表作って言ったらここさけになるのかなぁ?
    (まぁここいら辺は多分に主観が入ってますが^^;)

    余談については別スレで…。

2017/08/17(Thu) 21:32:45






 [1539]題名:2つイベント行ってきましたよー♪ 投稿者:MaKO  

    今日は年に2回の恒例ワンフェスと、
    あと川越で月がきれいコラボイベントが行われたので
    行ってきました。

    またまたmixi日記へのリンクで恐縮ですがもう力尽きたので(^_^;)。
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1961811090&owner_id=690315

    ではではおやすみなさい。
2017/07/30(Sun) 22:53:35






 [1533]題名:月がきれい、完走したので感想(長文失礼) 投稿者:MaKO  

    月がきれい
    ※ネタバレ有りです。気になさるカタは閲覧はご遠慮ください。

    最終第12話まで観ました。いやー、感動のラストでしたねー。
    では第11話から続けて感想、行ってみましょう。

    第11話。
    茜が勉強の合間にやってたアレ。「おおーっ?!」と思いました。
    しかしクリスマスにデートかぁ。定番とは言えウラヤマシい。
    そしてキスのおねだりしちゃう茜がメチャ可愛い!

    あとお父さんがおいしいトコ持ってっちゃった感じですね。
    お母さんも小太郎くんの気持ちを分かってくれたみたいで良かった。

    第12話。
    小太郎くんの受験。まぁ、そう上手くは行かないよな。
    そして最終話で千夏ちゃんが告白するかー!!
    てっきり第7話で諦めが付いたかと思っていたのに。
    しかも私じゃダメかな?なんて往生際が悪い。
    まぁ拓海同様、告白しておきたかったんだろうけど、
    やっぱり小太郎くんが困るだけだし、告白するにしても
    もうちょっとソフトな言い方をしても良かったんじゃないかと。

    デート。プレゼントしたマフラーがアップになって、安堵する茜。
    この辺の演出がニクいですね。
    でも「今後」の話になってだんだん悲しそうな表情になる茜。
    そして千夏ちゃんに告白されたことを小太郎くんから
    言ってくれなかったことで拗ねる茜。まぁ、嫉妬しますわな
    茜としては週1で会えたとしても、千夏とは毎日学校で会うでしょ?
    という気持ちなのかと思いましたが、どうも少し違ったようで。
    小太郎くんもLINEとか言ってたけどそうじゃないだろ!と。
    嫉妬はしたけど、小太郎くんに迷惑をかけることが辛い、なんて
    やっぱ茜は優しい子なんだな。
    そしてまたキス。でも前回のキスとは全然意味合いが違いますね。
    茜も大泣きするし、全話を通して一番心配なシーンでした。

    引越し当日。茜、べにっぽを置いて行っちゃうのか?
    このとき茜は何を考えていたんだろうか。
    まさか小太郎くんとの別れまで考えていたんじゃないだろうな。


    しかし小説投稿サイトとは考えたな。発案はろまんか。
    小太郎くんの小説はどうなるかと思ってたけど、この発想は無かった。
    これが最後に2人を結び付けることになる訳で、その辺りは
    (話が)よくできてるなー、と思いました。

    最後と言えば、2人交互のモノローグが2人の絆を強く
    感じさせましたねー。

    そしてネットでも話題になっていた、各回のエンディングに
    出てきたLINEでのやりとり。
    これの言わば種明かしを最終回のエンディングに持ってくるとは!
    くーっっっ!ヤラレたー!!

    はあぁ、しかし終わっちゃいましたねー。
    寂しくなるなぁ。
    あ、一つ朗報と言えば、7月13日2時より、テレ玉でのオンエアが
    始まります。
    当初は川越が舞台なのに何でテレ玉でオンエアしないんだよー、と
    思っていましたが、他局でのオンエア終了後に持ってくるとは。
    好評だったからテレ玉側が動いたのかな?分からないけど。
    一応ブルーレイは予約したけど、テレ玉でも観ちゃうかも(^_^)。

    作品全体としては、川越のあちこちの風景が忠実に再現されていて
    地元民として存分に楽しめたということもありますが、
    小太郎くんと茜の思春期らしい素直な気持ちとか迷いとかが
    役者の芝居的に上手く表現されていて素晴らしいと思いました。
    最初、川越が舞台という理由だけで観ようと思ったのが恥ずかしい
    と感じるくらいのいい作品でした。
2017/07/02(Sun) 02:11:17





 [1534]題名:同じく完走で感想(^^) 投稿者:tara  

    ブログの方の感想も完走したかったですが、数話おきにつまみ食いみたいな形になってしまったのは心残り…
    観始めた当初はゆるくて甘酸っぱい青春ものという印象でしたが、ストーリーの起伏や場面ごとのリアルな芝居が魅力的で、引き込まれましたね〜

    集大成の最終回、冒頭いきなりの不合格通知でどうなることかと思いましたが、これ以上ないくらい綺麗な着地に大満足ですb
    小太郎君の小説の件も残り1話で収拾つくのかって感じでしたし、1話の半分が過ぎても全く解決の兆しが見えなくて、固唾を呑んで見入った末のあのラスト!

    LINEという現代ツールが駆使される一方で、文学小説の引用etc.で古式ゆかしい空気も前面に出ていた本作品のカラーが、最後の最後でカッチリとハマりましたね。絶妙でした♪

    ED映像のLINEのやりとりの種明かし、同じく膝を打ちました(^^)
    作中の二人の関係をどこか彷彿とさせるやりとりで、モチーフというか演出上の意図は感じましたが、まさか本人達の(未来の)会話だったとは…
    後から観返してほっこりできる、二度美味しい粋な趣向ですね〜

    千夏の告白の件、ここだけはMaKOさんと違う意見です(^^;)
    これから高校3年間同じ高校に通う関係になったからこそ、あそこで自分の気持ちをハッキリ伝えておくことは必要だったと思いますし、そこから逃げずにけじめをしっかり付けた千夏の行動は非常に好ましく映りました(^^)
    小太郎君の返事は聞く前から判ってるのに…と捉えれば勇気ある行動ですし、MaKOさんが言うところの「往生際の悪さ」にしても心のどこかで諦め切れない部分が残ってるがゆえの乙女心…と思えば可愛いじゃないかとw(←甘い^^;)

    拓海君の場合はどちらかといえば独りよがりに近い告白でした(しかも間が悪かった^^;;)
    でも千夏のあの告白は茜に対しても小太郎君に対しても誠実な行動で、この辺りは性格だけでなく立場の違いもあるかもですね。千夏にとって茜は大切な友人、他方で拓海君の中で小太郎君への認識って「何で安曇なんだよ」ですし(^^;)

    小太郎君のネット小説のことを茜に教えたのも千夏、茜が電車に乗ったことを小太郎君に教えたのも千夏。
    千夏の告白と失恋が無ければラストの展開も成立しなかったでしょうし、最後まで助演賞級の立ち回りだったと思います(^^)
    小太郎君のお相手としては応援できませんでしたけどw

2017/07/08(Sat) 12:14:44





 [1535]題名:川越の“縁”(^^) 投稿者:tara  

    これだけ素晴らしい作品を「川越」という舞台のお蔭でオンエア当初からMaKOさんと一緒に楽しむことができたのも、素敵な縁ですよね。

    MaKOさんに案内して頂いた“予習”のお蔭で、自分もより一層作品を楽しむことができました(^^)
    あ、そうそう。川越新富町郵便局は確かに川越訪問の時にご一緒しましたね!(taraだったかMaKOさんだったかどちらかがATMでお金を下ろしたような記憶…)

2017/07/08(Sat) 12:24:01





 [1536]題名:「きれい」な作品でした 投稿者:MaKO  

    to taraさん

    月がきれい
    おお、力の入った感想、ありがとうございます。

    『小太郎君の小説の件も残り1話で収拾つくのかって感じでしたし』
    ラノベに転向?みたいな話になって、そのままうやむやに…ってのも
    変だと思っていたので。最後は効果的に使われましたね、小説。

    『LINEという現代ツールが駆使される一方で、文学小説の引用etc.』
    そうそう!最初は「LINEとか使ってて“今風”だなぁ」と
    思ってましたが、もう名台詞と言っていい『太宰は言った』で
    今風に染まらない感じが良かったです。

    『ED映像のLINEのやりとりの種明かし』
    ですよねー。
    高校受験が2017年度ですから本編は現代の話。
    と言うことはあのLINEのやりとりは完全に未来の話ですね。
    最終回のサブタイトル「それから」にもマッチしてると思います。

    『千夏の告白の件、ここだけはMaKOさんと違う意見です(^^;)』
    なるほどー。みんなをフェアに見てるtaraさんの思慮深さを感じます。
    MaKOなんて小太郎&茜を思いっきりひいき目に見ちゃいますから、
    他のキャラ邪魔だー、なんて\(^_^;)/。

    『これから高校3年間同じ高校に通う関係になったからこそ…』
    言われてみれば、同じ高校に行ってる間に小太郎くんが千夏の
    気持ちを知ってるか知らないかでは大きく違うでしょうしね。
    告白の前、千夏が手をグッと握りしめる所が2回もアップになったのは
    その決心に如何に勇気が必要だったかを物語っているようです。

    『小太郎君のネット小説のことを茜に教えたのも千夏…』
    千夏本人はそこまで意識してなかったかもしれませんが、
    結果的に以前考えていた「2人に協力する方向」になったようです。

    『MaKOさんに案内して頂いた“予習”のお蔭で、』
    当時は神はじと宮河家の聖地、というつもりで行きましたが、
    月がきれいでも割と定番の場所が使われていたのが功を奏しました。
    ただ劇中でよく出てきた濯紫公園(たくしこうえん)等は
    地元に住んでいながら(^_^;)行ったことが無かったので、
    機会があったら聖地巡礼してみたいと思います。
    ※郵便局は確かtaraさんのご用向きだったかと…

2017/07/09(Sun) 11:09:19





 [1537]題名:「月」が主役だったのは3話だけでしたねw 投稿者:tara  

    (“みつどもえショック”で返信が遅くなり失礼しました<(_ _)>)

    思慮深さだなんてそんな(^^;)
    カップルとしては“小太郎×茜”を終始応援してましたが、千夏のことも登場当初から気になってましたので私情は大いに入ってますw

    >千夏が手をグッと握りしめる所が2回もアップに
    結果が判っていても思わず応援したくなるシーンでした(^^)

    >郵便局
    そうでしたそうでした(^^;)
    あれからもう3年近くになるんですよねぇ…(遠い目)

2017/07/15(Sat) 19:51:55





 [1538]題名:月は2人をとりもつキューピッド? 投稿者:MaKO  

    to taraさん

    えっ、みつどもえ終了?!それはさぞやショックだったことかと。

    月がきれい

    『千夏のことも登場当初から気になってましたので…』
    taraさんの投稿を拝見してるとそういう感じでしたね(^_^)。

    郵便局については、まさかあのときはあそこがアニメの1シーンで
    使われるなんてことは全く想像してませんでしたね。
    聖地になる前に巡礼?(^_^;)

2017/07/15(Sat) 21:18:09




全ページ数 / [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82]




削除/編集フォーム
記事NO  削除キー   

-   [KRBBS]   [素材サイト]   -