TOP  ABOUT  PROF  HOBBY  MUSIC  BBS  LINK


MaKOページなんだってば
last update : 2016.12.04
カウンター 人も来てくれたのね…(感涙) since 1998.04.08…らしい(^_^;)

ひとりごと  update 2019.01.11
いつまでもTOPで新年の挨拶をしてると、いつまで正月気分でいるんだ!とツッコまれそうですね(^_^;)。 ハイ、まだ正月気分のMaKOです(オイ)。
さて、1/2にオンエアされたNHK バーチャルのど自慢。MaKOも観ました。 遅まきながら感想、行ってみましょう。ちなみにネタバレありです。 まぁオンエアから時間も経ってますし、企画モノの単発番組だから構わないんじゃないかな?という判断で。もし気になさるカタはご注意ください。
しかしのど自慢と言えば、古くからやっているNHKの老舗番組。どちらかと言えばお年寄りがターゲットなんじゃないかと思うのですが(個人の感想です)、それを「バーチャルYouTuberでやろう」なんて、スゴい発想だな、NHKも丸くなったな、というのが正直な感想。 でもでもゲストとは言えキズナアイちゃんが出るので、期待はしておりました。
「NHKのど自慢」、もちろんMaKOも観たことはあります。毎回では無いですが、恐らく数十回は観ているでしょう。 なのでどんな番組かというのはだいたい分かっているつもりです。 そこで本家のど自慢との共通点や違いに着目しつつ見ていきたいと思います。
まずは会場。ステージはもちろんCGですが、上手いことのど自慢のセットを再現している感じです。 客席にはアノのど自慢のマスコット(!)の鳥が3Dキャラになってたくさん鎮座しています。しかもHMD装着してるし(^_^;)。 拍手や手拍子、笑い声なんかも入れられてますね。芸が細かいです(^_^)。
さてどんな姿だか気になっていたバーチャル小田切千アナウンサー。 キズナアイちゃんの番組「BEATスクランブル」に出てきた土屋プロデューサーみたいな3Dモデルのキャラを想像してたのですが、それとはだいぶ違いました。 いやまさかああいう形になるとは\(^_^;)/。個人的にはちょっと手抜きなんじゃ?と思いましたが、あれはあれで手間がかかっていそうですね。
あとパッと見の違いと言えば、ステージ下手側にバンドの皆さんがいらっしゃいません。ま、これは仕方ないか。 それからステージ上手側は出場者とゲストの待機する座席があるのですが、座ってるのはアイちゃんのみ。 バーチャルグランドマザー小林幸子さんはサイズが巨大だから座席に座れないのは仕方ないとして、 他の出場者はセットの奥側に各組1つずつ用意されたディスプレイにバストアップで映っているという状態。 う〜ん、これはちょっと残念な感じだなぁと思いましたが、やむを得ない事情があったのでしょう。(例えばキャラを密集させると各キャラのパーツが食い込んじゃったりする現象が起きる恐れとか、分かりませんが)
それとカメラワークについて、現実ではクレーン使っても到底不可能な感じの自由奔放ぶりです(^_^)。これはバーチャルならではという感じ。
閑話休題。出場者を見ていきましょう。とは言えMaKOの存じ上げないキャラもいるので抜粋的に。
まずはミライアカリちゃん。ちゃんといつもの挨拶『ハロー!ミライアカリだよっ』や、動画でネタ振り前にやる『行きまーっショウ!!』も言えたのは良かったですネ(^_^)/。 しかし選曲が!何故フィンガー5\(^_^;)/。MaKO的にはどストライクだけど、世代的にアカリちゃんでは中の人(居ないけど^^;)も生まれてないだろ!と思っちゃいました。ま、いっか。ただ同じフィンガー5なら「恋のダイヤル6700」の方が良かったんじゃないかなぁ?途中アノ台詞が入るし(^_^)。 ちなみに歌の方は…今までアカリちゃんの歌は数曲しか聴いたこと無かったのですが、今回の方がそれよりだいぶ良かったです。 や、歌唱力という点では他のアカリちゃんの歌も良いと思うのですが、今まで聴いたアカリちゃんの歌はアカリちゃんの声に聞こえないんですよ。 もっともMaKOは声の聞き分けが苦手というのが大前提にあるのですが(^_^;)、普段のアカリちゃんの動画での声と歌のそれがあまりにも違うと感じるのですね。 その辺りは役者の力量(居ないけど^^;)と言うか、まがりなりにもバーチャルYouTuberを演じているのだから、歌でもキャラの声でやって欲しい、というのが正直なトコロ。 で、今回のアカリちゃんはちゃんとアカリちゃんの声で歌ってる!という感じがしたのですね。やればできるじゃん(^_^)/。 まぁ今回がたまたまなのか何か意図があったのかは分かりませんが、今後も歌う機会があればこれでやって欲しいですね。
で、結果はと言えば合格の鐘が鳴りました。…待てよ?もしかしてこのまま出場者全員合格にしちゃうんじゃ…? のど自慢という体裁は取っているとは言え、各出場者の見どころが無いといけないし…。でもそれはそれで審査とかの意味を成さないし…。
と、MaKOが勝手な心配をしていましたが、結論を言えばそれは杞憂でした(^_^)。実際、これ合格にしちゃマズいだろ、という歌唱力のキャラも居ましたし(誰とは言いませんが^^;)
次は電脳少女シロちゃん。ここでまた相違点が。本家のど自慢の流れとしては、小田切アナがこれから歌う出場者の職業や学校・出場理由などの背景的紹介をする(名前は言わない)→出場者がエントリーNo.と曲名を宣言する(自分の名前は言わない)→歌い始める、という感じ。 出場者が名前(と居住地域)を言えるのは合格した場合のみなのです。が、シロちゃん歌う前に思いっきり名乗っちゃってる(^_^;)。まぁそれを言ったら、各キャラが歌う前に小田切アナがしっかり名前入りで紹介しちゃってるから、ツッコむのもナンセンスなんですケドね。
シロちゃんは英語の歌を披露。上手いですね(^_^)。でもどうせなら歌った後のトークを英語でやって欲しかったですね。元より生放送じゃないんだし、日本語字幕入れてやれば効果的だったんじゃ?
それからときのそらちゃん。しっかり横アリねたを持ってきましたね(^_^)。歌は上手かったのですが、残念ながら存じ上げない曲でした。 どちらかと言えばトークのときに歌った「アメイジング・グレイス」の方が素敵だったな。こっちメインでやれば良かったのに、と個人的には思いました。 でも合格の鐘がエリーゼのためにだったのは笑えました(^_^;;;)。
あ、既にとんでもない長文になってしまっている(^_^;)。ではゲストの歌に行きましょう。
まずはキズナアイちゃん。歌うのはまさかの「おもいで酒」。いや知ってるけど。よく知ってる曲だけども。 出場者がゲストの歌を歌うということはままありますが、ゲストは自分の持ち歌を歌うよなぁ。ま、その辺も何か事情があるのでしょう。 で、アイちゃん。楽譜どおりではなく所々で溜める、要するに演歌歌手っぽい歌い方をしてましたね(^_^)。 ただ辛口かも知れないけど、いつもの上手いアイちゃんの歌と比べるとなんか見劣りする感じがする。いい言葉が思い付かないけど、何か貫祿とか厚みのようなものが見られないと言うか。 推測でモノを言うのは良くないですが、準備期間が足りず歌い込んで無かった?伴奏が軽い感じだったせいもあるかも知れない。ま、可愛いからいっか。 それと余談ですが、1番を歌った後、2番のAメロすっ飛ばしてサビに行ってました(^_^;)。尺の関係かな?
バーチャルグランドマザー小林幸子さんは「千本桜」と来たか。 聴いたことある身としてはちょっと手抜きなんじゃ?という感じですが、まぁそうでないヒトも少なくないでしょうし、これはこれでアリなんでしょう。
えーと、他に気が付いた点でも書きますか。 またしても「本家との違い」ですが、本来、出場者が使うマイクは歌う直前に小田切アナから受け取り、歌い終わった後は小田切アナに返却するのですが、この番組ではそういう描写はありませんでした。 まぁその辺もバーチャルYouTuberのキャラが小道具を手渡したりという表現は困難なのかも?みたいな事情がありそうですし、深く考えないことにしましょう(^_^;)。 それと、これも本家では審査の後、特別賞チャンピオンの2組が表彰されるのですが、この番組では1組のMVPが表彰されるのみでした。 これもまぁ省略しても構わないのかな?というレベルの話でしょうか。 ちなみにそのMVPになったキャラ、ちょっと予想と違ったのですが、これは何でだろうな? 純粋に歌唱力だけで選ぶのではなくエンタテインメント性も加味しているものと推測されますが、ま、推測したところで大した意味は無いかな(^_^;)。
ともあれ、全体的に見てもとても楽しかったです。サスガに毎週とは行きませんが、月イチ、いや年イチくらいで放送して欲しいですネ(^_^)/。
過去のひとりごとを読む
MENU 〜 おしながき 〜
ABOUTこのページについて
PROFILE 自己紹介です
HOBBY趣味のコーナー
MUSIC私の好きな音楽
BBS 掲示板です
LINKいろいろリンク

メールボタン メールを出すには
左のボタンを押してください(^_^)/
こちらのFORMからでも
メールが出せます
ブログ型ダイエット日記サイト『ダイエット☆マメグラフ』

まこのページ バナーです
ご自由にお使いください
まこあねのURLについてお知らせ  まこあねへのリンク

リンクについて  当HomePageはリンクフリーです。リンクの際のMaKOへのご連絡は、事前・事後ともに不要です。
ただし、なるべく現在表示されているトップページにリンク (またはお気に入り・ブックマークへの登録)をお願いします。
それ以外のファイル名等は、今後予告なしに変更させていただく場合があります。
 また、相互リンクをしていただける方はメールにてご連絡ください。

TOP  ABOUT  PROF  HOBBY  MUSIC  BBS  LINK